ゆりの日々あれこれ
<<   >>

七草

秋の七草


秋の七草って知ってますか?
伊勢神宮(外宮)の観月会に供えられるのが秋の七草です。
成り立ちは、万葉の歌人 山上憶良が詠んで以来、日本の代表する草花として親しまれるようになったとか。

『萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花』
(はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな おみなえし またふじばかま あさがおのはな)

春の七種と違い、秋の七草に直接何かをする行事は特になく、
秋の、野の花が咲き乱れる野原を「花野」といい、花野を散策して短歌や俳句を詠むことが、古来より行われ、それを摘んだり食べたりするものではなく、眺めて楽しむ野草の事です。

秋の七草
萩(はぎ) : 萩とは、秋に咲く草という意味。
お彼岸のおはぎは、この萩が由来。

尾花(おばな): 尾花とは、薄(すすき)のこと。
草が茂っている様子が薄で、穂が出た状態は、動物の尾に似ている事から尾花と言われます。

葛(くず): 茎でかごや布を織り、根から採取したでんぷんが、葛粉となります。
漢方薬の葛根(かっこん)は、根を乾燥させたものです。

撫子(なでしこ): 愛児を失った親が、その子を愛した花を形見として撫でた事に由来し、別名「形見花」と呼ばれます。
日本女性の代名詞 「大和撫子」も、この花からきています。

女郎花(おみなえし): 黄色い花で、白い花だと男郎花(おとこえし)と言います。

藤袴(ふじばかま) : 香りが強く、貴族達は湯に入れたり、衣服や髪につけていたらしいです。別名「欄草」「香水欄」と呼ばれます。

桔梗(ききょう): この歌の 朝貌(あさがお)の花のこと。
花期は夏の為、夏の着物によく描かれています。




T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/9


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS