ゆりの日々あれこれ
  >>

お宮詣りと紐銭(ひもせん)

お宮詣りと紐銭(ひもせん)

従兄弟に赤ちゃんが生まれ、お宮参りにお呼ばれしてきました。


宮参り

お宮参りは、赤ちゃんの無事誕生を感謝し、今後の無病息災を祈願する行事で、関西では誕生してから男の子は30日から31日目、女の子は31日から32日目に神社にお参りするのが一般的だそうですが、地方によって50日目、100日目などさまざまなようです。


お宮参り当日は、父方の祖母が赤ちゃんを抱き、母方の祖母や母親がそれに付き添ってお参りします。
実家から出産祝いに贈られた祝い着を、赤ちゃんを抱いた上から着せ掛けて、結びひもは祖母の首に回して後ろで結びます。


赤ちゃんの晴れ着のひもには、でんでん太鼓や犬張り子、扇子、金封(ひもせん)を結びつけ、抱っこしている人の背中に垂らしてお参りする習慣が一般的です。



紐銭(ひもせん)

ひも銭とは、赤ちゃんが一生お金に困らないようにとの願いを込めて、初めて貰うお小遣いとして親族・知人・近隣の方などから戴いたお宮参りのお祝い金のことで、お宮参りの際には抱いた赤ちゃんの帯紐に通してぶら下げて、神社に詣でるという慣わしがあり、これを『紐銭(ひもせん)』と言います。

中でも赤ちゃんの祖父母が贈る紐銭の水引は、特別長いものにし、赤ちゃんの長寿を祝うそうです。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/30


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

>>






AI-KBB
RSS