ゆりの日々あれこれ
<<   >>

七夕の由来

七夕の由来

7月7日は七夕 (たなばた・しちせき)です。
1年間の五節句の1つにも数えられます。


棚機(たなばた)
棚機(たなばた)とは、古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、選ばれた乙女は、
棚機女(たなばたつめ)と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために、心をこめて着物を織りました。
神さまを迎える為、織った物を棚にそなえ、秋の豊作を祈ったり、人々のけがれを祓いました。
そのときに使われたのが、棚機(たなばた)という織り機です。

やがて仏教が伝わりお盆行事になり、精霊棚とその幡を安置するのが、
7日の夕方であることから、7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と、
当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われています。



おりひめ☆ひこぼし 物語り
天の川をはさんできらめく、琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は、裁縫の仕事、鷲座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は、農業の仕事を、つかさどる星と考えられていました。

この二つの星は、旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、いまから2000年前にはすでに中国では、この日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕伝説が生まれました。

そして、機織りに励んだ天上の織女にちなんで、星に技芸の上達を祈る
「乞巧奠(きこうでん)」という宮中行事が生まれ、日本へと伝わりました。



乞巧奠(きこうでん)
乞巧奠(きこうでん)は、中国の行事で7月7日に織女星にあやかり、はた織りや裁縫が上達するようにと、お祈りをする風習から生まれ、やがて芸事や書道などの上達も願うようになりました。

その後日本でも芸の上達を願って行われるようになり、歌を梶の葉に書いて祈るようになりました。
江戸時代になると、七夕の行事は民間にも広がり、梶の葉のかわりに、短冊に色々な願い事を書いて笹竹に飾り、星に祈るお祭りとなりました。
このお祭りが今も続いているのです。



五色の短冊
五色のたんざくの五色は、
五行説(中国の話で木・火・土・金・水の五つの要素で、自然が成り立つという説)
に由来して、緑・赤・黄・白・黒 をさし、中国では短冊ではなく、5色の糸をつるすのだそうです。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/28


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS