ゆりの日々あれこれ
<<   >>

父の日の由来

父の日の由来

父の日は、6月第3日曜日。
今年は6月20日、父に感謝を表す日です。

『父の日』と呼ばれるようになったのは、1909年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いし、父の誕生月6月に父の日礼拝をしてもらったことがきっかけですが、
当時すでに「母の日が始まっていたため、母の日があって父の日が無いのはおかしい。母の日のように、父に感謝する日を日もつくって下さい。」と、
牧師協会へ嘆願して始まり、アメリカの年中行事の一つになったたそうです。

父の日はなかなか祝日にはならなかったのですが、62年後の1972年(昭和47年)にようやく、アメリカで祝日に決定されました。

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。
これはドット夫人が、父の日に父親の墓前に、白いバラを供えたからとされています。

日本でも、父親の苦労に感謝して贈り物などをしますが、1950年(昭和25)ごろから、次第に行われるようになったそうです。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/27


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS