ゆりの日々あれこれ
<<   >>

卯の花くたし

卯の花くたし

最近少し雨の日が続き、少し肌寒いし嫌ですよね。

5月から6月上旬にかけて、しとしとと長く降り続く雨、梅雨にはまだ早い、この時期の雨を『卯の花くたし』と言うそうです。

卯の花くたしとは、「白い卯の花をくたす(腐らせてしまう)ほどの長雨」という意味で、卯の花は日本全国に見られる花で、5月、6月頃に白い花をつけます。

「卯の花腐し」の「くたし」というのは、物を腐らせることを意味し、動詞の「くたす」からきているといわれています。

また曇り空を「卯の花ぐもり」とか「卯月ぐもり」と呼ばれ、本格的な梅雨入りの前なので、はしり梅雨と梅雨のはしりとなることもあるそうです。
「梅雨のはしり」というのは、5月中旬〜下旬頃に現れる、梅雨のようなぐずついた天気の事をいいます。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/26


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS