ゆりの日々あれこれ
<<   >>

啓蟄(けいちつ) 3月5日

啓蟄(けいちつ) 3月5日

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の1つ。
または、この日から春分までの期間を言います。

“啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意味で、文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の訪れを感じ、草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくるという意味だそうですが、気象的にはこのころ初雷が鳴り、これを聞いて虫が土中からはい出すと考えられたので、これを「虫出しの雷」と,言うこともあるそうです。


二十四節気 (にじゅうしせっき)
太陽年をその黄経に従って24等分して、季節を表すのに用いる中国 古来の語源。
その分割点は、それぞれ立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・ 立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒 露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒と名付けられていま す。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/22


C O M M E N T
啓蟄(けいちつ) 3月5日 - ゆりの日記
https://www.givology.org/~jordanshoesz/blog/     [2014/4/7(月) 20:55] [削除]


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS