ゆりの日々あれこれ
<<   >>

雛まつり(3月3日)

雛まつり(3月3日)

上巳の節句
ひな祭りの起源は、300年頃の古代中国で起こった、『上巳節(じょうし/じょうみ)』にさかのぼり、上巳とは3月上旬の巳の日という意味で、上巳の節句です。
のちに日付が変動しないように、3月3日となりました。
この上巳節が、遣唐使によって日本に伝えられ、日本でも古くから禊(みそぎ)の神事や、祓いの思想や、形代(かたしろ)という身代わり信仰があったため、それが上巳節と結びつき、上巳の節句として日本独自の文化として定着していきます。
昔から季節や物事の節目には、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、邪気祓い行事として、川の水に心身の穢れ(けがれ)を流して厄を祓う行事や、杯を水に流して宴を催す曲水の宴などが、行われていました。
今でも「流し雛」として、一部地域でみられるのはこの名残です。

雛人形
上巳の節句が、江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになりました。
この遊びの「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変わったのは、天正年間以降のことであり、この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと推測されています。
もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようにもなり、華美なより贅沢なものへ変わって行ったようです。

雛人形の形としては、江戸時代初期は形代の名残を残す立った形の「立雛」や、坐った形の「坐り雛」(寛永雛)が作られていましたが、これらは男女一対の内裏雛を飾るだけの物で、江戸時代後期には「有職雛」とよばれる宮中の雅びな装束を正確に再現したものが現れ、さらに今日の雛人形につながる「古今雛」が現れました。
江戸末期から明治にかけて雛飾りは、2人だけの内裏人形から、嫁入り道具や台所の再現、内裏人形につき従う従者人形たちや小道具、御殿や檀飾りなど急速にセットが増え、スケールも大きく変わっていったようです。

雛人形の種類

  • 雛人形
    宮中の殿上人の装束(平安装束)を模写しています。
  • 親王
    男雛・女雛は、それぞれ天皇、皇后を表します。
  • 官女(三人官女)
    宮中に仕える女官をあらわす、内1人のみお歯黒で、眉無しです。
    中央で座っているのが女官長と呼ばれる、内親王様の教養係りです。
    既婚者を意味するが、生涯独身の女官の場合には、年長者という意味であろうといわれています。
  • 五人囃子
    能のお囃子を奏でる5人の楽人をを表します。
    それぞれ「太鼓」「大皮」「小鼓」「笛」「謡」です。
    (能囃子の代わりに5人、又は7人の雅楽の楽人の場合もあります)
  • 随身(ずいじん)
    随臣右大臣と左大臣と同時に護衛の兵士でもあります。
    左大臣の方が身分が"上"となります。
  • 仕丁
    外出するときの従者で、通常3人1組で庶民に近い身分のものです。
    泣き顔、笑い顔、怒り顔と、人間の喜怒哀楽を表しています。


菱餅
上巳節で食べていた母子草のお餅で、母と子が健やかであるようにという願いが込められており、それが日本でよもぎ餅となり、江戸時代に菱を入れた白い餅が、明治時代にくちなしを入れた赤い餅が加わって、3色となりました。
形は、水生植物である菱の水面に浮かんだ葉の形を映していると言われており、尖った形に厄除けや魔除けの意味があるとされています。

  • 桃色…赤いクチナシの実には、解毒作用があり赤は魔よけの色。
  • 白……血圧を下げるひしの実が入り、子孫繁栄、長寿、純潔を願う。
  • 緑……強い香りで厄除け効果があるよもぎ餅。健やかな成長を願う。

色を重ねる順番は、春の情景を表現
  • 下から緑・白・桃色の順番
       …雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている。
  • 下から白・緑・桃色の順番
       ・…雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている。

ひなあられ
女の子達が、ひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、おひなさまに春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」という、遊びの風習があり、春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのが始まりだと言われています。
他に、菱餅を砕いてひなあられを作った、という説もあります。

  • 関西風のひなあられ…あられ
  • 関東風のひなあられ…ポン菓子

はまぐり
3月は磯遊びの季節なので、海の幸を供えます。
また、はまぐりなどの二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操を象徴し、何事にも相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせることを願っています。
盛りつけるときに、開いた貝の両側に、それぞれ1つの貝に2つ分の身をのせ、将来の幸せを祈って食します。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/19


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS