ゆりの日々あれこれ
<<   >>

節分(2月3日)

節分(2月3日)

節分は年に4回ある
春夏秋冬の季節が始まる日を、立春・立夏・立秋・立冬と言い、その前日を節分と言います。
節分とは、4つの季節の分れ目のことなのです。
年に4回あったのが、昔は特に立春が1年の初めと考えられることから次第に室町時代あたりから、節分といえば立春の前日の節分を指すものとなりました。
立春の前日の節分は、今で言う大晦日にあたる大切な節目だったのです。
新年に福を呼ぶため、前年の邪気をはらう意味をこめて、追儺(ついな)の行事が行われていたわけです。

豆まき
追儺とは、悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、平安時代に、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事で、陰陽師たちにより宮中において大晦日盛大に行われ、その後は、諸国の社寺でも行われるようにもなりました。
その行事のひとつ「豆打ち」が「豆まき」として庶民の間に広がりました。
一般的には、豆まきは年男(その年の干支を持つ生まれの人)、または、一家の主人が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きすると言われています。
節分には炒ったお豆を蒔くことで鬼(=邪気)を払い、福を呼んで年の数のお豆を食べます。
これをすることによって一年が健康に過ごせると言われています。

必ず火を通した、炒った豆を使うのは、拾い忘れた大豆から芽が出てしまうと悪い事が起きるからだと言います。
炒った豆を福豆と言い、神様の力が宿るように、豆まきをするまで神棚にお供えします。
神棚が無い場合は、タンスなど目線より高い所に白い紙を敷いてお供えするといいでしょう。

恵方巻き
節分行事で、巻き寿司を食べるのはなぜでしょうか?
節分の日に、「巻き寿司のまるかぶり」が節分のイベントととして世間に浸透してきたのは、大阪が発祥の地といわれており、大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った行事をマスコミが取り上げ、全国の食品メーカーがそれに便乗して全国に広まったそうです。
巻き寿司を使うのは理由は、「福を巻き込む」ことから。
太い巻き寿司をラッパを吹くようにくわえて、恵方に向かって私語を交えずに丸ごと食べるのは、「縁を切らないために包丁を入れない」という事です。
また、恵方とは年徳神(としとくじん)のいる方角のことで、その年の最も良いとされる方角のことです。
今年は、庚で「西南西」に当たります。
しゃべると運が逃げるので、食べ終わるまで絶対に口をきいてはいけません。



T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/17


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS