ゆりの日々あれこれ
<<   >>

熨斗袋

熨斗袋の選び方

このところ、結婚式・出産祝い・秋祭り・法事と、いろいろ行事が続き、凄く忙しかったのですが、その都度、熨斗袋が違い、特に御祝い事は色々種類があって迷ってしまいますよね。
そんな経験ありませんか?

そこでちょっと豆知識!!
熨斗について
熨斗は、水引製品のほとんどに用いられています。
熨斗の起源は、縄文時代から「アワビ」、「昆布」が高級保存食の贈り物とされていたことに、さかのぼります。
製造過程の、「伸す」作業から現在の「のし」という語源が、生まれたと言われています。
古くより不老長寿の印とされ、贈る相手の健康を願い贈り物に添える象徴として、熨斗を添える風習が根づきました。
この熨斗には、さまざまな形があり、その形は、結婚式や季節の贈答品といった、贈り物の種類により大きく異なります。
仏事の場合、「昆布熨斗」が仏を祭る贈り物の象徴として、黒白、濃いグリーン等の「仏事熨斗」となり、現在に伝わりました。
この風習は地域色があります。
お寺へのお布施につける熨斗について、赤なのか黒なのかとお問い合わせもあるそうですが、お寺への「お礼」ですので正式には赤を用います。
しかし、各お寺により異なる場合もありますので、くれぐれもご注意下さいね。

お金の贈答品には、和紙に水引、熨斗をつけた特別の封筒が用いられ、熨斗袋(金封)と、呼ばれています。
色々な贈答品の中でも、お金の贈り物は日本独特の伝統で、西洋社会からは奇妙に映るかもしれません。
お金の贈り物は、愛情や感謝、敬意やお悔やみといった様々な感情を、表します。
その金額は、送り手と受け手との関係によって決まり、付き合いが深いほど、金額は高くなります。
お金は熨斗袋に入れ、包み方があります。

結婚・弔事・病気見舞い
結婚・弔事・病気見舞いには、結びきりを使います。
一度結んだらほどけない結び方で、「二度と繰り返してほしくないこと」に使われています。
結びきりには、あわじ結びや輪結びがあります。
昔は真結びといい、目上の人や、あらたまった贈り物に、使われました。。

出産・新築・各種内祝い
出産・新築・各種内祝いには、花結び(蝶結び)を使います。
ほどくことのできる結び方で、「何度でも繰り返してよい」一般的な祝い事に、使われています。
昔は行結びといい、自分と同等の人や、ちょっとした贈り物に、使われました。

お金包みのたたみ方
裏へ折った上包みの上下の端は、慶事か弔辞かで、折り返す順が変わります。  間違えやすいので注意してください。
慶事の場合
下側の折り返しを、上にします。
運が上がるように、または目を上げて喜びを表す、という意味があります。
弔事の場合
上側の折り返しを、下げて重ねます。
目を伏せて悲しみを表す、という意味があります。

ふくさの作法
祝儀袋も不祝儀袋も、いずれもきちんとふくさに包んで、持参するのがマナーです。
渡す際には、ふくさから取り出し、表書きを先方に向けて、差し出します。
慶事の場合
明るくておめでたい色のふくさを、使いましょう。
斜めにした左中央に、表向きで袋を置きます。
左側→上側→下側の順に包みます。
最後に右側をかぶせて裏にまわします。
弔事の場合
グレーや紺など、地味な色のふくさを選びます。
斜めにした右中央に、表向きで袋を置きます。
右側→下側→上側の順に包みます。
最後に左側を、かぶせて裏にまわします。

少し役にたちましたか??


T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://yuri.realone.biz/nikki/tb.cgi/11


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>






AI-KBB
RSS