ゆりの日々あれこれ

端午の節句 由来

端午の節句 由来

5月5日は、子どもの日
お父さん・お母さん、それにおじいちゃん・おばあちゃんにとっても、この日は子どもの成長を願う欠かせない行事の一つです。

端午の節句は、男の節句とされていたので昔は鎧や兜はお父さんやおじいちゃんが飾るのが習わしだったみたいですが、、現在では特にこだわる必要はないそうです。
4月中旬までには飾りの準備を終わらせ、当日か前日の晩には両家両親や知人を招き、縁起物のご馳走でおもてなしをします。

この端午の節句の歴史は古く、奈良時代から続く行事だそうです。
端午とは、月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、もともとは5日に限ったものではなかった様ですが、午と5が同じ発音なので毎月5日をさすようになり、やがて5月5日になったとも伝えられています。


鯉のぼり

「登竜門」という言葉がありますが、鯉が「竜門」という滝を上ると竜になって天にのぼるという中国の伝説にちなんで、どんな環境にも耐え、立派な人になるようにという、子どもの立身出世を願った飾りが「鯉のぼり」です。

鎧・兜

鎧・兜は、長い武家社会の中では身を守る大切なものでした。
つまり兜を飾るのは、その兜や鎧が子どもの身を守り、災いが降りかからないように、無事に成長するようにという願いが込められています。

柏餅・ちまき

柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があり、「子が生まれるまで親は死なない」「家系が絶えない」ということから「子孫繁栄」の意味があるそうです。
ちまきは、「難を避ける」という意味があり、この日に親戚・知人に配るという中国の習わしが伝わったものだそうです。

菖蒲湯

当時は邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた菖蒲やよもぎと共に軒にさし、あるいは湯に入れて邪気を払う「菖蒲湯」として浴しました。




花まつり 4月8日

花まつり 4月8日

4月8日は、仏教の祖・釈迦牟尼の誕生日です。
お釈迦さまは生まれると、すぐに七歩ほど歩み、右手で天を、左手で地を指さして「天上天下 唯我独尊 (「生きとし生けるものみな尊い命をもっている」という意味。) 」と言われたそうです。

一人の聖者の誕生を祝う 「花まつり」(降誕会)(潅仏会 かんぶつえ)は、生きとし生けるものすべてが、この世に生を受けたことを喜び、命の尊さと、共生きの大切さを教え、また桜花の盛りであることから「花まつり」の日とされました。

この日、各地の寺では、様々な草花で飾った花御堂を設け、堂の中には水盤を置き、釈迦の立像を中央に安置し、参詣人が柄杓で、像に甘茶をかけて祝います。
甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために9つの竜が、天から清浄の水を注いだ、との伝説に由来するそうです。

「花まつり」の日を、産み育ててくれた父母に、心の花束を贈る感謝の日にしてはいかがでしょうか?




エイプリルフール 4月1日

エイプリルフール 4月1日

今日は、罪のないウソをついて良いとされる日です。

エイプリルフール「4月馬鹿」の由来は、その昔ヨーロッパでは、3月25日を新年とし4月1日まで春の祭りを開催していましたが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用しました。
これに反発した人々が、4月1日を「ウソの新年」として馬鹿騒ぎをするようになったのが、エープリルフールの始まりとされているそうです。

また別の説もあり、インドで悟りの修行が、春分の日から3月末に終わるのが、すぐに迷いが起こることから、4月1日を「揶揄節」(やゆせつ)と呼んで、からかったという説もあるそうです。

今日は新年度の始まりで、皆さん緊張の1日だから、楽しいウソで少しでも緊張が和らいだらいいですね。





>>2010年4月一覧





AI-KBB
RSS